1. TOP
  2. JR東日本高崎支社/上越線
  3. ドアを手で開ける115系がまだまだ活躍している高崎地区ですが、いつまで見られることやら?

ドアを手で開ける115系がまだまだ活躍している高崎地区ですが、いつまで見られることやら?

鉄道情報満載の当ブログへ、ご訪問ありがとうございます。

鉄道写真でも、単なる車両だけを撮影するのではなく、乗客や駅の光景、その地区独特の光景なども記録しておくと、後々宝物になりますよね!

まだまだ高崎地区で活躍中の湘南色(かぼちゃ色)の115系

東海道線や高崎線で使われていた3つドアの211系への置き換えが進められている高崎地区ですが、

(高崎駅の115系

まだまだ湘南色(かぼちゃ色)の115系が活躍しています。

115系のドアは、手で開けなければなりません。

高崎地区の列車は空調の効率対策で、ドアは乗客が手で開けなくてはならないので、

(ドアを手で開ける115系)

乗車の際に、閉まっているドアを手で開けて、

(ドアを手で閉める115系)

寒気が車内に入らないように、手で閉めます。

場所によっては開けっ放しになっていて、

(高崎地区の115系)

こういった片側のドアだけが開いている光景が、高崎地区の115系の特徴でもあります。

鉄道写真というと、どうしても車両だけを撮りがちですが、

(115系の開いたドアから乗車するお客さん)

お客さんが乗車して、車内の温度を保つために、

(乗車後にドアを手で閉める高崎の115系)

ドアを手で閉めるお客さんは、気配りが出来ていますよね!

ホームのお客さんも大事な記録です

湘南色(かぼちゃ色)の115系は国鉄時代から続く貴重な車両ですが、車両だけではなく、

(同じザックを背負った学生さん)

ホームの同じザックを背負った学生さんや、もう1本後の電車を待つ

(次の電車を待つ学生さんが一人佇む光景)

学生さんが一人佇む光景もまた、記録に値すると思います。

(次の電車を待つ学生さんが一人佇む光景)

駅で停車中は、近づいての撮影も可能です。

この列車は3両編成が2本連結された6両編成なので、

(115系の運転台)

連結部の運転台を撮影するのも、乗務員さんの業務の妨げにはなりませんよね。

落下防止ゴムの間からも、

(諸元と検査記録)

諸元と検査の記録を見ることが出来ます。

(所属表示)

高崎支社の高崎車両センター所属の表示も、人気ですよね。

後姿を見送り

この列車は入線してから発車まで10分位しかないので、

(115系の後姿見送り)

発車の際に、乗務員さんと駅員さんが合図するシーンは、夜はちょっと撮影が難しくてぶれてしまったので、リベンジします(^^;

まとめ

高崎地区の107系と115系は、211系への置き換えが進められていますが、引退時期についてはまだアナウンスがありませんので、最後のチャンスに高崎においでください。

また、記念に一緒に撮ってほしい方はご一報ください。

 

本日もご乗車ありがとうございました。

またのご乗車をお待ちしております。

\ SNSでシェアしよう! /

鉄道スナップカメラマン佐藤理の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

鉄道スナップカメラマン佐藤理の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

鉄道スナップカメラマン りーさん(佐藤 理)

鉄道スナップカメラマン りーさん(佐藤 理)

鉄道沿線で育ったせいか鉄道が大好きで、20代は線路の保線機械の仕事をして、鹿児島に2年半住んでいました。今も片道2時間以上の超遠距離通勤を楽しんで、毎日鉄分補給しています。学生時代から人物も取り始め、人間味のあるスナップを撮り続けています。ご家族やカップル等の出張撮影承ります。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 高崎アリーナのペデストリアンデッキからの鉄道撮影のおすすめ。

  • 【出張撮影】(鉄道編)大好きな場所で、スナップ写真をしっかり撮影して、思い出として後々大切な宝物に!

  • 鉄道イベント【2020年版】親子連れやお子様にも楽しめる、各地の鉄道会社などが主催のイベント

  • ママ鉄、子鉄に大人気の、都電荒川線荒川遊園地前の「プラレールカフェ子鉄」は、小さいお子様にオススメです。

関連記事

  • 「北とぴあ」は、新幹線、在来線、東京都電などが撮影できる、ママ鉄、子鉄にも楽しめる、最高の無料鉄道スポットです!

  • 品川再開発と、品川新駅と京浜東北線の工事の2016年から最近(2018年)の状況

  • 【ママ鉄・カメラ初心者向け】カメラの選び方(ここだけの話)

  • 鉄道イベント【2020年版】親子連れやお子様にも楽しめる、各地の鉄道会社などが主催のイベント

  • 日曜日の高崎機関区は、国鉄型のEF65だらけでした(^^;

  • 高崎駅21:01発の115系6両編成信越線横川行157Mの、160M到着からの一部始終と、上信電鉄に譲渡された107系