1. TOP
  2. 未分類
  3. ママ鉄、子鉄に大人気の、都電荒川線荒川遊園地前の「プラレールカフェ子鉄」は、小さいお子様にオススメです。

ママ鉄、子鉄に大人気の、都電荒川線荒川遊園地前の「プラレールカフェ子鉄」は、小さいお子様にオススメです。

鉄道情報満載の当ブログへ、ご訪問ありがとうございます。

電車好きのお子様が楽しめる、荒川遊園地前駅近くのプラレールカフェ子鉄へGO!

2018年5月26日に、鉄道趣味仲間の大人6人で、都電荒川線荒川遊園地前駅近くのプラレールカフェ子鉄にお邪魔しました。

下車した最寄りの都電荒川遊園地前駅の、プラレールカフェ子鉄の案内広告

まず、都電荒川線に乗って、荒川遊園地前駅で降りると、フェンスには

プラレールカフェ子鉄の案内広告が掲示されており、一緒に降りた遊園地に向かうベビーカーを押しているお母さん達から、「こっちに行きたい」と声が上がっていました。

荒川遊園地前駅駅から荒川車庫方面に徒歩1分、尾久駅からでも徒歩7分の所にお店があります。

(地図はグーグルマップからお借りしましたが、荒川遊園地前駅がうまく表示できず、追加しました)

そして、お店は外観はプラレールがあるとはよくわからない感じですが、

表のメニューの下には、現在ではこの色を見ることが出来ない、上越新幹線のE4系Maxがさりげなく置かれていました。

プラレールカフェ子鉄の店内は、タワーの中をプラレールが走り回っています。

店内に入ると、ど真ん中には、プラレールのタワーがそびえて、色んな種類のプラレールが走り回っています。

特に大人の私が驚いたのは、JR東日本のトランスイート四季島までもが走っていることです。

また、店内の壁には、レアなプラレールも飾られ、こだわりも感じられます。

0系のドクターイエローや、東京では見ることが出来なくなってしまった、500系新幹線や、カシオペア用の銀色の機関車が見えます。

2階からは、都電荒川線も眺めることが出来ます

お2階は、座敷のようになっていて、トイレもお2階にありますが、窓の外には、都電荒川線の電車が見え、

ここにもプラレールのタワーがそびえ立っています。

このように店内では、小さなお子さんたちは、目を輝かしてプラレールと遊んでいます。

 

 

人気メニューの「新幹線Kidsプレート」はワクワクします

お子さんのお食事と言えば、「新幹線Kidsプレート」が一番人気

大の大人6人でしたが、全員がこの「新幹線Kidsプレート」を注文したので、

レアな新幹線N700系の並びが実現できました♪

勿論、大の大人にとっては、とても量が足りません。

デザート人気No1の「プラチナプレート」

なので、デザートに人気No1の「プラチナプレート」を頂きました。

美味しいワッフルとかアイスクリームとかと、ドリンクがセットになっています。

他にアルコール類も置いてあります。

SNSに投稿すると、10%割引のサービス券がもらえます

お店の様子をSNSに投稿すると、次回のお食事が10%引きになるサービス券がもらえます。

今回は都電荒川線に3回乗車したので、1日乗車券がお得でした。

このように、プラレール大好きなお子さんと、荒川遊園地で遊んだら、ちょっとこのプラレールカフェ子鉄にお立ち寄りください。プラレールの大迫力に、お子様が大喜びすること、間違いなしです。

なお、小さなお子さんは機嫌が悪くなると泣き喚いたりしますが、このお店は小さなお子さんのためのお店なので、全然気にする必要がありません。

おむつ替え用のベッドもありますので、安心して楽しめます。

 

 

都電おもいで広場で、昔の車両でも遊べます。

上の地図でもわかるように、お隣の荒川車庫前近くには都電おもいで広場がありますので、ついでに立ち寄ることをオススメします。

銀座通りを走っていた、PPCカーの5501号の運転台には、都電マスコットのとあらんが置かれ、

運転機器類は残念ながら撤去されてはいますが、可愛いシーンを見ることが出来ます。

 

 

まとめ

プラレールカフェ「子鉄」訪問のポイント

  • 最寄り駅は都電荒川線荒川遊園地前
  • 大人気のお店なので、予約した方がいいと思います。(03-6807-7513)
  • ベビーカーの置き場や、おむつ替えのスペースもあるので、小さなお子さん連れでも安心です。
  • 大人向けに、お酒も置いてあります。
  • お子様向けのお店なので、泣いたりしても、気にすることはありません。
  • 親切なお姉さんのお店です。

ライター紹介 ライター一覧

鉄道スナップカメラマン りーさん(佐藤 理)

鉄道スナップカメラマン りーさん(佐藤 理)

鉄道沿線で育ったせいか鉄道が大好きで、20代は線路の保線機械の仕事をして、鹿児島に2年半住んでいました。今も片道2時間以上の超遠距離通勤を楽しんで、毎日鉄分補給しています。学生時代から人物も取り始め、人間味のあるスナップを撮り続けています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 「高崎鉄道ふれあいデー」2016・2018のEF66 27と、2014の茶釜、2015の日章旗、2017のDD51と、2019は?

  • 「鉄道お出かけスポット」「鉄道遊び場」ママ鉄、子鉄がめっちゃ楽しめる、無料のオススメスポットはこれだ!

  • 「北とぴあ」は、新幹線、在来線、東京都電などが撮影できる、ママ鉄、子鉄にも楽しめる、最高の無料鉄道スポットです!

  • 【出張スナップ撮影】大好きな場所で、スナップ写真をしっかり撮影して、思い出として後々大切な宝物に!

関連記事

  • [鉄道撮影地 関東]京浜急行多摩川橋梁で、葉桜を絡めて撮影してみました